1. タイガー・ウッズが再びゴルフボール飛距離制限論争について発言。何を語ったのか

タイガー・ウッズが再びゴルフボール飛距離制限論争について発言。何を語ったのか

プロ・トーナメント関連
この記事は約 2 分で読めます。 7,734 Views

”プロには飛距離を落としたボール。アマチュアには制限のないボールを・・・”

タイガー・ウッズが11月28日、ゴルフチャンネルのインタビューに応えた際、再びゴルフボールの飛距離問題について発言している。

今年2月以来初めて、11月30日からのトーナメント、ヒーロー・ワールド・チャレンジに出場するタイガー・ウッズは、「何故ゴルフはベースボールのように、学生やアマチュアとマイナーリーグから上ってメジャーにいくプロとの間で(ゴルフボールの)境界を付けられないのかには理由がない」と話し、

「自分のアイデアは、全てのプロは飛距離を制限したボールでプレーし、アマチュアは楽しむために飛ぶクラブやボールを使えばいい。そんなベースボールで出来ていることが今(ゴルフに)できない理由がわからない」と、ゴルフもベースボール同様に、プロとアマチュアの間で使用用具を分けることを提案している。(Golf.com記事 11/28より)

このひと月、タイガー・ウッズの発言、ブリヂストンゴルフCEOの見解、USGAトップ、マイク・デイビス氏の意見、そしてタイトリストCEOの反論、そして再びタイガー・ウッズのコメントと、急に盛り上がってきたツアー専用ゴルフボール構想。これまでゴルフルールは一つであるべきと、頑なに言い続けてきたR&AやUSGAも、コース事情、ゴルフ振興の立場を踏まえて、ゴルフにおけるプロ、アマチュア、二重スタンダードのあり方を検討すべき時が来ているのかもしれない。

\ SNSでシェアしよう! /

GEW - ゴルフ用品と市場活性化情報の提言メディアの注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

GEW - ゴルフ用品と市場活性化情報の提言メディアの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

トム河北(翻訳者)

トム河北(翻訳者)

長年ゴルフ用品メーカーに勤務、商品企画、広報宣伝、海外業務を担当。退職後はその経験を活かし、主にゴルフ用品に関連する執筆活動を開始。最近は海外ゴルフ関係ニュースの翻訳、ゴルフ用品関連座談会司会、海外メーカー来日時のインタビューなどでゴルフ専門媒体に協力している。

この人が書いた記事  記事一覧

  • ディスタンス問題、ゴルフ界全体の意見を収集

  • 米国ゴルフ関連産業の明るいニュース

  • USGA、ゴルフ振興のため9ホールゴルフ(PLAY9)を更に促進

  • ゴルフボール飛距離制限論議

関連記事

  • ディスタンス問題、ゴルフ界全体の意見を収集

  • ゴルフボール飛距離制限論議

  • テーラーメイドCEO、ゴルフボール飛距離制限に反対表明

  • R&AとUSGA、2017年度ディスタンスレポートを発表

  • R&AのCEOも飛距離増問題に懸念を表す言葉に公式に賛同

  • USGAマイク・デイビス氏 飛距離問題に言及 「飛距離増がゴルフにいいとは思わない」