1. 全米シニアオープンを目指すボブ・トスキ(82)

全米シニアオープンを目指すボブ・トスキ(82)

プロ・トーナメント関連
この記事は約 2 分で読めます。 72 Views

 
来る7月5日、米国フロリダ州ジュピターのダイ・プリザーブGCにおいて、トスキは二つ全米シニアオープン記録、地区予選通過最年長記録:2000年度のボブ・ローリングス(71)、及び最年長出場記録:1990年度のジャグ・マクスパーデン(81)の更新を目指して、同オープン地区予選に参加する。
 
トスキは「体調は良いしドライバーもまだ260ヤード飛ばせる。体調管理、タイミング、リズムも依然好調だ。自分ではこんな年になるまでプレー出来るとは思わなかった。自分はこの挑戦を楽しみにしていると共に予選通過を望んでおり、もしそれが果たせれば多くの人を勇気づけることが出来るだろう」と語っている。
 
30歳で競技生活を引退しティーチングプロに転じたトスキは、それ以前にPGAツアーで5勝の記録を持っており、1997年には70歳で全米シニアオープンの地区予選も通過している。
トスキは「本当は競技生活に出てスコアを作りたかった。顧客や生徒とコースに出てプレーをする時は、試合の時のようなスコアメイクに興味が無かった。自分は今度の挑戦を期待している。可能性は少ないと知っており、良いプレーと良いパッティングが必要なこともわかっている。自分のプレーの最大の弱点はパターだが、これは自信の問題だ。スイングは依然好調で、ティーからグリーンまではかなり安定している。ただ一つ落ちているのは飛距離で、昔のようには飛ばないが、そんなに飛距離は落ちていない」と話している。
 
来週、トスキはレッスンティーを離れ、自身の長いゴルフ人生にもう一つのサプライズを加えるための準備を始めることになっている。(米国ゴルフダイジェストウェブサイト 6/24)
 
レッスンプロとして独自の理論により一世を風靡したボブ・トスキの新たなる挑戦。年齢と共に飛距離が落ち、ゴルフから遠ざかることも多くなったトスキの名声に馴染みの深いオールドファンは正に勇気づけられることだろう。
 

\ SNSでシェアしよう! /

GEW | ゴルフ用品情報とゴルフ業界の総合サイトの注目記事を受け取ろう

NO IMAGE

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

GEW | ゴルフ用品情報とゴルフ業界の総合サイトの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

GEW編集部

GEW編集部

    この人が書いた記事  記事一覧

    • 「元カノ」にも出会える? 東我孫子カントリークラブのペア・スクランブルコンペが熱いワケ

    • Yamaha Golf 2018 – ヤマハゴルフWebカタログ

    • 【今月のプレゼント】2018年2月12日(月)締切(N.S.PRO MODUS3ロゴ入りモレスキンノート、オウルのラウンドバッグ)

    • ジャパンゴルフツアー選手会会長に石川遼が最年少で就任

    関連記事

    • 433ヤードをワンオンしたダスティン・ジョンソンのクラブセッティング

    • ワールドドラコンチャンプがクリーブランドと契約

    • ニクラウス、短いコースの難易度維持にレーティングシステムを示唆

    • ウッズのレッスンで21万ドル(約2,350万円)の寄付。ハリケーン被災者救済

    • タイガー・ウッズが再びゴルフボール飛距離制限論争について発言。何を語ったのか

    • PGA・オブ・アメリカ、トップは長期安定