1. オールドコースと近代ゴルフ用具

オールドコースと近代ゴルフ用具

プロ・トーナメント関連
この記事は約 2 分で読めます。 184 Views

 
>>【関連記事】セントアンドリュース名物ホールを延長
 
(フランク・トーマス):今年、オールドコースは全長7,305ヤードまで延ばされ、殆どの人が訪れたときよりも1,000ヤード近く増えている。このコースは600年以上も使われてきた世界最高コースの一つだが、来週全英オープンに出場するプレーヤー達は、このコースが格段に難しくなっていることに気付くだろう。特にもし風でも吹けば更に難しくなる。
 
幸いにも、ツアーに於けるドライバー平均飛距離は伸びておらず、むしろ実際には減っているのは、この4年間でドライバー飛距離は限界に達したからだ。
この事からオールドコースは再び距離を延ばす必要は無いし、多分、風が吹けばフルレングスより減らしてセッティングする必要も出てくるだろうが、それでも最も難しいコースの一つだと考えられるだろう。
 
このコースには観客を喜ばせる、ドライバーで飛ばせるパー4が4つあり、それは9番、10番、12番、そして風向きによっては18番だ。”ロードホール”と呼ばれ有名な17番ティーは40ヤードも後ろに下げられ、今や練習場の端に位置しているが、私はそれにより鉄道小屋を越え、グリーンへのベストポジションのフェアウェイにボールを置くためには260ヤードのキャリーが必要となるため、きっと話題になるだろうと思う。
 
コースが延長されたこととはかかわりなく、このコースは自分が好きなコースの一つだが、絶対全英オープンのティーからプレーしようとは思わない。
ゴルフ用具は改善されてきたが、飛距離はツアープレーヤーに関する限りもはや心配するには及ばない。だからオールドコースは今後も平和を保つことが出来るだろう。(フランクリーゴルフQ&A 7/6 より要約)
 

\ SNSでシェアしよう! /

GEW - ゴルフ用品と市場活性化情報の提言メディアの注目記事を受け取ろう

NO IMAGE

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

GEW - ゴルフ用品と市場活性化情報の提言メディアの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

GEW編集部

GEW編集部

この人が書いた記事  記事一覧

  • グローバルゴルフメディアグループ、事務所移転のお知らせ

  • マジェスティパター MJ181Mは狙ったラインをはずさない高級パター

  • perfect pro 2018 – パーフェクトプロWebカタログ

  • Golf Pride 2018 – ゴルフプライドWebカタログ

関連記事

  • 今年の全英オープンの来場者は23万人超え!記録的大成功に終わる

  • R&Aが今年の全英オープン開催コースで、アマチュアの9ホール選手権を開催

  • R&Aが2017年全英オープンの賞金額を発表

  • 全英オープンのオフィシャルウェアがBOSSに

  • ミュアフィールド、女性会員を容認。全英オープン開催コースに復帰

  • R&A、2017年より全英オープンをスカイスポーツ、BBC両建てで放映