1. R&Aが今年の全英オープン開催コースで、アマチュアの9ホール選手権を開催

R&Aが今年の全英オープン開催コースで、アマチュアの9ホール選手権を開催

USGA・R&A関連
この記事は約 3 分で読めます。 439 Views

今週全英オープンが行われるロイヤルバークデールゴルフクラブで、先週アイルランドと英国のアマチュア男女42名のグループが参加し、第一回R&A 9ホール選手権決勝が開催された。

このグループは146回全英オープンが開催される5日前、有名なサウスポートリンクスにおいて、アンダーハンディによるペア競技に参加したもの。競技に使用されたのは10番から18番の9ホール。

昨年のロイヤルトゥルーンで行われたパイロット競技に続き、7,000名以上のアマチュアゴルファーは英国全土やアイルランドを通して行われた予選競技を経て全英オープン会場で行われた決勝戦に進出。優勝したペアはロイヤルバークデールゴルフクラブのクラブハウスで、家族や友人が見守る中表彰されている。

優勝したペアの1人で、この日が誕生日だったサリーピアソンさん(36)は「私はうきうきしていて、とても驚いた」とロイヤルバークデールゴルフクラブの9ホールをプレーした感想を述べ、「私は9ホールのゴルフが好きだ。早いし、うまくいかなかったとしても一日を無駄にすることはない。終わってから仕事も出来るし、お勧めできるやり方だ」と感想を述べている。

R&Aは引き続き英国、及びアイルランドの国内ゴルフ団体と、社交的にも競技上も、素早く楽しめるゴルフプレー形式として、9ホールゴルフの促進を継続している。

R&Aにおいてゴルフ業務のエグゼクティブディレクターを務めるダンカン・ウィアー氏は「ロイヤルバークデールゴルフクラブでの第一回英国、アイルランドの9ホール決勝戦は素晴らしい大会だった。誰もが純粋に楽しんだ。彼等はここに来たことに感謝し、全英オープン前のロイヤルバークデールゴルフクラブに挑戦することを楽しんだ」と話し、

「今日起きたことが全てではなかった。これは英国とアイルランド、そしてそれ以上に、9ホールゴルフを普及するためでもあった。このイベントはゴルフクラブに対して、9ホールゴルフが社交的または競技的であっても、9ホールであればより素早く出来るということを心に留めてもらうためであり、このイベントの背後にある真のメッセージだ」とこのイベントの目的を説明している。(英国ゴルフビジネスニュース 7/17記事より抜粋)

R&Aを始めとする英国ゴルフ界は現在、ゴルフ自体を改革し更なる普及を図るため、その問題点の一つである時間がかかり過ぎる費用がかかり過ぎるを払拭するために、様々な方策を打ち出している。この全英オープン会場を舞台にした全国大会は大きな反響をよんでおり効果が期待されている。

日本国内では、マーク金井氏が主催するマイクロトーナメント、「MMT9」プロアマトーナメントが普及し始めているようだが、初中級アマチュアや老若男女が参加できるチーム戦、ハンデ戦、スクランブルなどのゲーム形式による9ホール競技が、もし全国的なスケールでゴルフ団体により開発されれば、ゴルファー人口増にも効果が期待できるかもしれない。

\ SNSでシェアしよう! /

GEW - ゴルフ用品と市場活性化情報の提言メディアの注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

GEW - ゴルフ用品と市場活性化情報の提言メディアの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

トム河北(翻訳者)

トム河北(翻訳者)

長年ゴルフ用品メーカーに勤務、商品企画、広報宣伝、海外業務を担当。退職後はその経験を活かし、主にゴルフ用品に関連する執筆活動を開始。最近は海外ゴルフ関係ニュースの翻訳、ゴルフ用品関連座談会司会、海外メーカー来日時のインタビューなどでゴルフ専門媒体に協力している。

この人が書いた記事  記事一覧

  • 飛距離問題、ゴルフ界全体の意見を収集

  • 米国ゴルフ関連産業の明るいニュース

  • USGA、ゴルフ振興のため9ホールゴルフ(PLAY9)を更に促進

  • ゴルフボール飛距離制限論議

関連記事

  • USGA、ゴルフ振興のため9ホールゴルフ(PLAY9)を更に促進

  • 今年の全英オープンの来場者は23万人超え!記録的大成功に終わる

  • R&Aが2017年全英オープンの賞金額を発表

  • 全英オープンのオフィシャルウェアがBOSSに

  • 今や9ホールの時代?米国PLAY9プログラム

  • ミュアフィールド、女性会員を容認。全英オープン開催コースに復帰