1. グルーブ新規則に対するタイガー・ウッズ意見

グルーブ新規則に対するタイガー・ウッズ意見

USGA・R&A関連
この記事は約 2 分で読めます。 166 Views

 
>>【関連記事】PGAツアー、新グルーブ規制の採用は延期せず

ウッズはAT&Tトーナメントのスタート前、「自分はそれは良いことだと思う」と話し、「我々には調整するために十分時間がある。それに過去2年ほど前から何がいつから実施されるかを公表されてきているので時間はある。全てのメーカー企業はテストをすることにより、このことに備えており、選手達は変更することが出来るだろう。選手達がフライヤーに悩み、ラフからの脱出でスピンをかけられないのを見るのは興味あることだ。
 
彼等の決断は、現在ドライバーが使えるパー4として攻めているパー5をいかに攻めるかということ。ショートゲームはより難しくなるだろう。今の硬さのボールだったら、どれほど多くの64度ウェッジが見られるようになるだろうか。選手達はよりスピンのかかるボールを使い出すだろうか?」。 
 
新グルーブが採用になっての調整又は利点についていえば、ウッズは「この事は既にスピンのかかるボールを使っている選手にとって有利になると思う。現在硬いボールを使用している選手は、グルーブに対してより大きな調整が求められるだろう。柔らかいボールを使用している選手は少ないが、自分はかなり柔らかいボールを使用しており、大多数の選手よりも調整は少なくなるだろう」と話している。(GolfBiz.net WSGR Vol.12 #26 7/6)
 
条件が一定であれば、厳しいほど技術の差が鮮明になる事への自信だろうか・・・。
 

\ SNSでシェアしよう! /

GEW - ゴルフ用品と市場活性化情報の提言メディアの注目記事を受け取ろう

NO IMAGE

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

GEW - ゴルフ用品と市場活性化情報の提言メディアの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

GEW編集部

GEW編集部

この人が書いた記事  記事一覧

  • グローバルゴルフメディアグループ、事務所移転のお知らせ

  • マジェスティパター MJ181Mは狙ったラインをはずさない高級パター

  • perfect pro 2018 – パーフェクトプロWebカタログ

  • Golf Pride 2018 – ゴルフプライドWebカタログ

関連記事

  • タイガー・ウッズが再びゴルフボール飛距離制限論争について発言。何を語ったのか

  • タイガー・ウッズ、飛ばないゴルフボール提案への反応

  • 待望のタイガー復帰戦!ヒーロー・ワールド・チャレンジ

  • タイガー・ウッズとの契約には選手以上の意味がある。ブリヂストンゴルフ(米)

  • タイガー・ウッズと宮里藍

  • タイガー・ウッズとジャスティン・ティンバーレイクが協力してジュニアツアーを購入